大船渡文化

大船渡・長安寺の御朱印はどこでもらえる?西法寺についても

岩手県大船渡市にある東北屈指の名刹「長安寺」。御朱印はどこでもらえるのかについてまとめました。

 

岩手県大船渡市・長安寺の御朱印はどこでもらえる?

長安寺には御朱印がありません!

結論から言ってしまうと、長安寺には「御朱印」がありません。

また長安寺ではお守りや御札といった授かる物を置いてある場所(授与所)はありません。

 

なぜ長安寺には御朱印がないのか?

浄土真宗では御朱印というものがない

同じ仏教でも浄土真宗(本願寺派、大谷派)など宗派によって御朱印がないということがあります。

大船渡市にある長安寺も浄土真宗・大谷派のお寺なので御朱印がありません。

 

西法寺にも御朱印はありません

同様に、長安寺の境内にある西法寺にも御朱印はありませんので念の為に追記しておきます。

 

岩手県大船渡市の長安寺について

長安寺のいわれ

およそ900年前に創建された東北屈指の名刹。

気仙郡司金為時の四代目の嫡孫で俗名次郎丸為正が、18歳で近江比叡山に登り僧となり、正善坊と号して当寺を創建したといわれています。

実はもとの宗派は二十一世までは天台宗、二十二世「正光坊」からは真宗に改宗しています。

長安寺の建物について

約900年前に創設された長安寺。当時の建物は火災で焼失しています。

1798年(寛政10年)に再建

現在の本堂は1833年(明治16年)に創建されたものです。

長安寺山門について

1796年に山門が着工されました。しかし

  • 禁制のケヤキを使用
  • 17.5mの高楼であったこと

という2つの理由により、伊達藩から取り壊しの命を受けます。

しかし1807年、廓念坊秀諦が弁明に努め、工事続行不可を条件にして黙認されました。

そのために扉は欠き、袖なし、開きなしの門となっています。

高さ20メートルにも及ぶ総ケヤキ造りの山門が威風堂々と構えています。

禁制のケヤキを使ってまで建てたかった山門……いったいどんな山門なのか、不思議ですよね!

 

まとめ:長安寺に限らず御朱印がないお寺はいくつかある

御朱印ブームなどもありますが、大船渡でも有名な長安寺に「御朱印がない」というのはちょっとしたオドロキでした!

ただこれは長安寺に限ったことではなく、宗派の兼ね合いもあるので、御朱印がなくても自然なことなのだなあと思いました。

大船渡市および近隣の住田町・陸前高田市で御朱印のあるお寺巡りができるのであれば、ちょっと興味ありますね……!

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です